リフォームQ&A

Q.見積を依頼すると料金が掛かりますか?
A.お見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。    

>>>戻る
Q.一度、問い合わせや見積を依頼すると営業やしつこく訪問されることは無いでしょうか?
A.頻繁に電話したり、直接訪問したりすることはありません。リフォームの場合は、お住まいの状況を実際に見て確認しないと的確な提案やお見積りもできません。お見積り後にお断りいただいても構いませんのでご遠慮なくご相談下さい。     

>>>戻る
Q.住みながらでも工事はできますか?
A.ほとんどの場合、住みながらのリフォームが可能です。工事の規模や内容によってはお客様に著しくご不便や普段の生活に大きなご負担が考えられる場合に限り仮住まいをご提案させて頂く場合もあります。

>>>戻る
Q.水漏れ等、緊急な工事も依頼できますか?
A.出来る限り対応していおりますが、他の工事の関係で手配出来ない場合もありますので予めご了承下さい。

>>>戻る
Q.住宅のリフォームで間取りの変更は自由にできますか?
A.リフォームの自由度が高い在来工法住宅
木造住宅の中でリフォームをする時に最も自由度の高いのが在来工法住宅です。
適切な補強を施せば部屋を大きくしたり間取りを変更したり階段を架け替えたりする事ができます。

A.リフォームの制限がある2✕4工法(ツーバイフォー)住宅
2✕4工法(ツーバイフォー)住宅の構造は壁自体が建物を支える構造体のため、部屋を大きくしたり間取りを変更する事ができません。

A.プレハブ工法住宅及び軽量鉄骨造住宅(ハウスメーカー系住宅や輸入住宅)
ユニット系の住宅は2✕4工法(ツーバイフォー)住宅と同様に間取りの変更は制限されます。
軽量鉄骨住宅は柱やブレス(筋違い)なとの構造体に損傷を与えなければ間取りの変更や開口を大きく開けることが可能です。
(※プレキャストコンクリート造は壁式工法のため間取りの変更は不可)

A.重量鉄骨造住宅
鉄骨造住宅は防火地域や準防火地域に多く見られます。
法的な規制を守り、鉄骨の柱や梁などの構造体に損傷を与えなければ、自由に間取りの変更が可能です。木造住宅よりも広く大きな部屋を造ることも可能です。

A.鉄筋コンクリート住宅
ラーメン構造のRC(鉄筋コンクリート)の場合、柱と梁に損傷を与えなければ自由に間取りの変更が可能です。
壁式工法のRCの場合、壁自体が構造体になるためその壁を壊して間取りの変更は出来ません。

>>>戻る
Q.見積り内容を見てからリフォームするか決めても大丈夫ですか?
A.もちろん大丈夫です。 お客様からリフォームのご要望をお伺いし、プランニングからお見積もりまで無料で実施しております。
お客様の中にはお見積を見てリフォームの内容を増やしたり減らしたりする方や、見送られる方もいらっしゃいます。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

>>>戻る
Q.リフォームの助成金制度について教えてください。
A.リフォームの助成金制度は、決められた予算の中で行われている上に、日々内容が変更されます。またお住いの地域によって違いがあるため正確な情報を集めるのが難しくなっているのが現状です。
お問い合わせいただければ、現在お住いの都道府県や自治体で活用できる補助金(助成金)制度をお調べ致します。お気軽にお問い合わせ下さい。

>>>戻る
Q.リフォーム契約後でもキャンセルできますか?
A.リフォーム契約前であればキャンセル料は必要ありません。契約後のキャンセルは、キャンセル料またはそれまでにかかった実費が発生する場合があります。

>>>戻る
Q.商品を購入したのですが、工事だけの依頼をお願いすることはできますか?
A.工事の依頼は基本的にお受けしています。ただし、ご支給頂いた商品の保証は致しかねますのでご了承ください。

>>>戻る
Q.リフォーム工事後に不具合があったのですが、どうすればいいですか?
A.万が一、そのようなことがあった場合は早急にご連絡ください。責任をもって対処いたします。

>>>戻る
Q.実際のリフォームの流れについて教えてください。
A.お客さまからご相談 → 訪問・現地調査 → 詳細お打合せ・プランニング → プラン説明・お見積提示 → ご契約 → 着工前打合せ・仕様確定 → リフォーム工事 → お引渡 → アフターサービス
このような流れでリフォームいたします。

>>>戻る
Q.リフォームはいつからお金が発生しますか?
A.フルリフォーム・リノベーションの場合は、契約時、工事の中間時、工事完了後の3回分けてお支払いをお願いしております。小規模の場合は契約時と完了後にお支払いをお願いしております。お支払いのご相談も承ります。

>>>戻る
Q.リフォームの工事の時はご近所に挨拶しなければいけませんか?
A.お客様とご相談の上で、必要な場合はご近所への挨拶をさせていただきます。数日で終わるようなリフォームであれば挨拶だけでもいいかもしれませんが、工事期間が長い大掛かりなリフォームや、騒音が大きいなど近隣住民への影響が大きいリフォームの場合は、手土産持参での挨拶の方がいいでしょう。場合によってはお客様とご一緒にご近所にご挨拶をさせて頂く場合もあります。

>>>戻る
Q.リフォームで住宅の断熱ができますか?
A.断熱材が入っていない箇所に断熱材を入れたり、現状の壁の上からもう一枚断熱パネルを増し貼りしたり、ウレタンを吹き付けしたり、二重サッシをつけたりとかいくつか方法はあります。ただし、高断熱・高気密な住宅は空気が汚れやすくきちんとした防湿対策、通風、換気計画も必要です。

>>>戻る
Q.リフォームで防音や遮音対策はできますか?
A.壁は、遮音シート+ボードを増し貼りにしたり、ロックウールを入れたりなどの方法があります。床の場合は、下地をLL45に対応した乾式二重床にしたり直貼りの場合は防音フローリングを用います。オーディオルーム、ピアノ室などは特に遮音性能の高い内装材や建具の選定が必要です。     

>>>戻る
Q.他の設計士さんの図面で施工をお願いできますか?
A.お気に入りのデザインや設計士さんの図面でも指示に従った施工が可能です。 

>>>戻る